転職回数が多い場合は?

履歴書に転職歴が多いと、面接官は「この方は入社しても、またすぐに辞めるのではないか?」と不安に思うでしょう。そこで面接官は「転職が多いようですが、どうしてですか?」という質問をすることになります。そんな時はどのように答えれば良いのでしょうか?


会社や上司の批判をしない

転職回数が多い理由を話す際に注意しなくてはならないことは、前の会社や上司の批判をしないことです。実際は、残業や出張など職場環境の悪さや人間関係の悪化が転職の原因だったとしても、それらを正直に話して理解してもらえることはまず無いでしょう。逆にトラブルメーカーとして見られる可能性があるので注意しましょう。

一方、倒産やリストラ、家庭の事情が原因だった場合は、正直に答えても良いと思います。ただし、家庭の事情が原因の場合は、今は解決しており問題はないことを伝えておきましょう。


プラスの経験として伝えよう

どのように言い訳をしたとしても、転職回数が多いという事実は変わりませんので、後はいかにその事実をプラスの経験として伝えるかがポイントになります。

まず、過去の転職の経験は自分にとってすべて意味のあるものだったというストーリーを組み立てておく必要があります。そして、そうした転職の経験が自分自身のステップアップに繋がっており、それを生かして、今後は長く仕事を続けていきたいと考えていることを伝えましょう。