「志望の動機」記入の注意点

履歴書には「志望の動機」を書く欄がありますが、記入に際しては注意点があります。当然ながら転職するに当たり、前の会社を辞めることになった理由があったと思います。しかし、その理由を正直に書きつつ「志望の動機」とつなげることには問題があるケースがよくあります。ここでは、そうした問題点について触れておきます。


人間関係のトラブルについて

転職理由でよくあるのが「人間関係のトラブル」です。例えば、上司のパワハラが酷く、それが原因で前職を辞めたとしましょう。しかし、そうしたパワハラ被害を正直に書いて、「御社のアットホームな雰囲気に惹かれ応募しました」と書いてしまうと、社会常識に欠けた人物とみなされてしまうのです。

というのも、志望の動機や辞職の理由として、他人や会社の悪口を書くことはタブーなのです。会社からすると、この人は入社後も同様の態度で自社の悪口を言うのではないか、と不安に思ってしまうのです。


前向きな志望動機を考えよう

では、「志望の動機」はどのように書けば良いのでしょうか? まず最初に、希望する会社について、パンフレットやホームページ等でしっかり調べてみましょう。そして、その中で前の会社になかった興味を惹かれた仕事内容があればそれに注目してみましょう。「前職ではできなかった、○○のような仕事ができるところに興味を持ち応募しました」とすれば、前向きな志望動機になります。

履歴書の志望動機に敢えて、前職の退職理由を書く必要はありません。ただし、面接ではそのことについて質問される可能性があるので、予め準備しておく必要はあります。その際は、下記を参考にしてください。

⇒ 退職理由を聞かれたら?